バイナリーオプションの可能性

バイナリーオプションの可能性の高さは投資家だけが知る

バイナリーオプションはFX投資家のデイリートレードにおける素早い利益確定手法をより鋭くした金融商品である。

FXトレードは、外貨の為替差額を利益として投資家が売り買いを行っていく金融商品であるが、そのFXをより一層利益率を高める事で成り立っているのだ。

よく言われる、バイナリーオプションはギャンブル的で、投機的な、ハイリスク商品だという理由は、FX投資家のハイレベルな投資技術や、先見性をフルに活かすためにある金融商品として作られたことが大きな理由となっている。

つまりは、バイナリーオプションは、単純な取引で、初心者にも簡単に理解して始められる一方で、高度な投資技術と投資能力を活かすことのできる、非常に幅広く客層を集められる金融商品なのだ。

バイナリーオプションとFXとの大きな違い

FX取引は複雑

バイナリーオプションはFXを基礎とした金融取引と言っても、そのシステムは大きく異なる。

FXは、外貨を交換していくことで利益を取る手法だが、目まぐるしく変わっていく為替相場で、1秒1秒利益が変動していく。

ただ単に為替で差額がプラスになったときに売ってしまうというのであれば、簡単な金融取引として認識されただろう。

しかし、FXには、交換を行う胴元が、利益を得るためのシステムが存在し、その胴元へ支払う金額も念頭に置いておく必要があるなど、初心者が扱うには複雑なところがある。

また、持っている金額の数倍、数十倍の取引を行って利益を増やす、レバレッジというシステムが、初心者を大きなリスクに引き込んでいる。

この他、10000通貨単位での取引が必要など、所持金額では手が出せないような高額取引が要求される場合もあり、相当量の知識が必要なのだ。

一方で、バイナリーオプションは、通貨単位というものがなく、数千円の投資金額から始められる点で、資金の少ない初心者でも参入しやすいという点がある。

そして、バイナリーオプションの最も大きな特徴として、取引が数時間で完結するというスタイルになっている。

通貨を直接購入するのではなく、相場変動を予想して、当たれば定額の支払いを受けることができるというシステムだ。

ただ単に当たるか当たらないかだけでは、ギャンブルと言われるのだが、予想を途中で売ってしまうことも可能になっているため、金融商品として機能しているのだ。

FXとは異なる利益率

FXは、相場変動がそのまま利益や、損失につながる単純なシステムではあるが、相場の変動次第では大きな損失で負債になる可能性がある。

最近ではロスカットという、借金になる前に証券会社が持ち分の通貨を売り払ってしまうシステムが導入されているが、変動の大きさ次第では借金という可能性は0ではない。

利益を見込めると思って、資産がゼロになり、取引も継続できなくなるといった事態は実は多いのだ。

FXでは導入する投資資産も数十万円からが必要で、あまりに少ないと利益が取れず、すぐにロスカットに合う可能性がある。

利益を取るために、投資資産を危険に晒す必要があるということだ。

一方で、バイナリーオプションでは、定額の報酬という条件が設定されているため、FXのような多額の資産を危険に晒すことはしなくていい。

加えて短期取引のため、相場変動を24時間見張っておく必要もない。

最も肝となるのが、取引の成功で定額の報酬が得られるという点にある。

バイナリーオプションで得られる利益

バイナリーオプションは利益に集中できる

FXとは異なる形で得られる利益のバイナリーオプションについて考える。

FXは、簡単に言えば差額から手数料を引いた値が利益となる。

1ドル100円のときに1000円で10ドルを購入しておく。

1ドル105円に値上がりしたときに10ドルを売り払うと1050円となる。

単純に考えると50円の利益だが、ここに手数料が発生するため、利益は50円よりも小さくなる。

また、5円もの大きな相場変動は数日ではなかなか起きない。

こういう変動は数ヶ月かかることもある。

もちろん相場変動の大きい通貨を選べばそれも可能だが、相場が5円上る可能性があるならば、5円下がる可能性もある。

そのため、FXでは、相場変動の大きさを考慮に入れる必要があるのだ。

加えて、基本が10000通貨での取引が必要になってくるため、初期投資額が多く必要だ。

そしてその分損失も大きくなる可能性がある。

なけなしの10万円を投資して5万円になってしまって取引終了、なんていうことは大いに有り得るのだ。

一方、バイナリーオプションでは利益のとり方が根本からFXとは異なる。

バイナリーオプションでは相場変動の予測を立てて、相場が当たれば報酬を得られるシステムだ。

その報酬額は日本国内では基本的に1000円のところが多い。

報酬の対象となる予想は、ある一定ラインの相場よりも超えるのか、下回るのかという内容だ。

ある一定のラインは指定された複数のライン(概ね5ライン~)から選択することができる。

その一定のラインを選択し、その相場よりも上になるか下になるかの予想を購入するのだ。

予想の購入額は、選択するラインに近いほど高額になってくる。

利益率は、その予想の購入額によって変わってくるのだ。

もし、かなり遠いラインを指定し、その予想が当たったとすると、30倍の利益率ということも可能なのだ。

利益率について、この倍率はFXでは大きな社会問題や、政治状況変化などがない限りあり得ない率で、それが投資家を惹きつける一つの要因となっている。