バイナリーオプションの可能性

バイナリーオプションの損失の可能性

FXや株式と比べて、負債を負う可能性がなく安全面と利益面でプロの投資家にも一目置かれていることはもうわかったと思う。

ではここでバイナリーオプションの損失を防ぐ方法について考えたいと思う。
バイナリーオプションで最も損失を生むのは、予想を買って終わりというギャンブル手法を行うことだ。

つまり、相場の予想が当たることだけを願って、予想を買った後は点に運を任せるだけという方法だ。

これを行うと、宝くじやギャンブルと全くおなじになり、当たるか外れるかの2択となってしまう。

当たり前の話、証券会社にとっては予想が外れたときの予想の購入額はまるまる儲けとなるために、それを狙ったラインを設定している場合がほとんどだ。
バイナリーオプションで損失を最大に防ぎ、高い可能性で利益を得るためにはどうしたらいいだろうか。

相場予想がまず損失回避の第一歩

相場予想には様々な時事情報が必要

バイナリーオプションで損失回避を行いたいならば、まずは絶対の条件として、相場の予測を行えることが大事だ。

これはFXにも通じることになるが、為替相場の変化は、政治などの時事に影響される。

どこの国の景気が好調だなどのニュースは当然のことながら、どこどこの会社が事故を起こした、台風が近づいている、なども為替相場に変動を与える要因なのだ。

この関連性をよく知っておくことで、為替相場を的確に予想することができるようになる。

細かい数字までは難しくとも、下がるか上がるかの判断ができる王になることで、損失を防ぐ上で非常に有利になるのだ。

大きな視点ではこの為替相場の予想が一つの重要ポイントとなる。

開催時間内での損切を意識する

開催時間内では買った予想を売ることができることは解説した。

現在相場から遠いラインよりも外側の予想を買う場合は、かなり安く買うことができる。

これを利用して、報酬満額を狙わっずとも、利益を確定できるのがバイナリーオプションのメリットだが、これは同時に損失を採取源に留める「損切」を行うための手段でもある。

開催終了間際で相場が奮わず、予想したラインにチョット近づいただけで終了しそうだ、という状況は投資初心者であれば往々にしてあることだ。

投資初心者であれば、安く買って予想が当たれば大きく稼げると、考えがちで、どうしても500円以上の予想には手が出しづらいのが当然だ。

そして、終了間際になれば焦ったり絶望したりして、予想が売れることを忘れてしまい、損切を行わずに損失を出してしまう。

それでも投資した金額が損失するだけで済むという点が初心者にはバイナリーオプションが向いている理由ではあるが、損切についてはしっかりと学んでおこう。

終了間際に予想を買った当時の相場よりも選択したラインに近づいていれば、予想を売ることで元手を取り戻せる可能性は大きい。

100円で買った遠い予想出会ったとしても終了間際にラインに少しでも近づいていれば、90円や、100円で売ることができる場合がある。

このまま待っていても負け確定の場面で、この売却を選択し損失を防ぐことができるか否かは非常に大きい。

バイナリーオプションでの損切は、このシンプルな知識と冷静さに後押しされることを肝に銘じて置かなければならない。